残暑の厳しくない折

今月は長袖で平気な日のほうが多い、こんなことは初めてだ。
もう少し暑くてもいいなんて、喉元過ぎればなんとやらなことを考えたりもする。

でも大抵の場合『XX年ぶり』ってなり初めてではないのだな。


GINBRA summer
GINBRA summer
GINBRA summer
GINBRA summer
GINBRA summer

足立の花火 2017

今年も間近で良いものを見させていただきました。


ちょうどクライマックスで風下になったので花火が降る降る
それもまた楽し。
そしてNDフィルターGJ (レンズ保護的意味で)


fireworks of adachi, by adachi, in adachi, for adachi
fireworks of adachi, by adachi, in adachi, for adachi
fireworks of adachi, by adachi, in adachi, for adachi
fireworks of adachi, by adachi, in adachi, for adachi
fireworks of adachi, by adachi, in adachi, for adachi
fireworks of adachi, by adachi, in adachi, for adachi
fireworks of adachi, by adachi, in adachi, for adachi
fireworks of adachi, by adachi, in adachi, for adachi


長時間露光狙いで絞りすぎると花火の光の尾が点線になってくのねー
また来年。

メンテナンス

予約投稿設定をミスったことで連続更新記録が19xx日間で途切れる。
これは... この頃つらくもあったしペースを見直せという啓示ということにしよう!



f:id:gemini_goldst:20170531233207p:plain

免停なんす...
見逃してはくれません。

今月の本 1

夜行

夜行


なんで表紙の女性には顔があるのー

今月の本 2

記憶屋 (角川ホラー文庫)

記憶屋 (角川ホラー文庫)


人の記憶を消せるという「記憶屋」
こんなタイトルで続編もでているなら主人公が記憶屋...ではないというのが面白いところ。

記憶屋を探す展開はミステリのようで楽しめた。
正体はまあ予想通り、で動機や行動原理が「だからなんで?」と消化不良。
そして2や3は他の人が記憶屋を探す物語になるらしい。記憶屋は同じ人なのか違う人なのか?それが次作の楽しみ方なのかな。

今月の本 3


同時刊行された「僕が愛したすべての君へ」冒頭
「八月十七日、午前一〇時、昭和通り交差点、レオタードの女」につながるまでの物語。

この二冊どちらから読んでもアリらしいです。
でも自分は「僕が―」 -> 「君を―」 の、この順番で読んでよかった。
Steins;Gateでいうところのβ世界線ですね。

この二冊を読んでぼんやり考えている中で、並行世界の自分は自分とは違う生命だ、と自分は思っていることがわかりました。クローンについてもそう思っていますし。今現在分かたれているものは違うものだという考え方。
なので、他の世界に託してつらい道を選択する、というのが悲しく思えるのです。



もう一冊は3月に読みました。


PVが出てました。

youtu.be

もっとフィルムを使いたい

NATURA1600終了のお知らせが―

ffis.fujifilm.co.jp


がんばって続けますと言っていたフジでも苦しい状況... 高感度はもうデジカメにするしかないのか。
これでカラーでの最高感度はISO800までとなってしまいました。
ISO800のフィルムはあまり使っていないので、思い出すために前撮った写真を引っ張りだしてみる。



Cinestill 800T

twinkle lights & lives /Shinjuku Terrace City


実効感度が凡そ-2/3段なのと現像所によって出来が左右される(自動補正でタングステンの色味を消してしまうらしい)のが難しい。
バッチリはまるとうまく撮れるのはコレなんだなぁ。


Color Negative 800

night


その粒状感は画用紙に書いた絵のよう。
ColorNegativeシリーズのはっきりした色使いはここにも。


PORTRA 800

tokyo station


カメラ女子人気No.1の?ポートラの、影の薄いISO800フィルム。
記憶では今一つと思っていたが 案外そんなに悪くない。
今まで自分が撮ったのを見返してみると黄色っぽいものが多いのは、フィルム要因なのだか自分のクセなのだか?


高感度は公称感度と実効感度に差があったり手ぶれ被写体ぶれがあって今一つシャープさが判断つかなかったりでいい写真を撮るのが難しい。でももう一度ポートラを試してみよっかな。


フィルム供給メーカー、最後まで残るのはコダックやイルフォードなのかなーとなんとなく思ったり。