読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「何故」を問うたとしても

不満があるとき、疑問があるとき、何かを変えたいとき。私達は「なんで?」と口に出します。
その頻度は結構なもの。しかし、

何かを変えたいとき。これからの未来の話をするとき。その有効性は如何程のものなのでしょう。

穴を掘っている人に出会ったとして、「なぜ穴を掘るのですか?」と訊いたとします。
答えの一例としては「埋蔵金を探している。」
願望よりも行為、名詞に近い言葉が返ってくることが多いはずです。
でも、その人が本当に達成したい目的は「豪遊したい(するためのお金が欲しい)」「多くの人に尊敬されたい」というように動詞のカタチであるはず。

相手の本当の目的を知りたいならば、問いかけも相手のための動詞でなければならない。

「穴を掘ることで何を得たいのですか?」




p.s.
雑談だったり、愚痴だったりなときは「なんで?」アリと思います。話が広がって面白いしね。ただし「いちいちうっさい!」と嫌われない範囲で...






先日お聞きしたことが面白かったので(自分なりに消化して)メモ。