読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

足立市場をうろつく

日光街道を往き千住大橋のそば、実はここにも水産物を取り扱う市場があるのです。 この頃は豊洲移転の件もあってかメディアで取り上げられたりもしているようですね。 ここ足立市場では2か月に一回一般の人々もお買い物どうぞの日を設けています。市場として…

祐樹くんは臭い

でも惚れ惚れするそうです。スゴイ奴だな! 惚れると葱って似てますね。 本日、足立市場の日。市場での一枚。

trick

撮りっ来。 お箸と麺が動くこの看板、なぜだか人気のようです。もう一か所、線路下のところでも「なんかヘンなのあるよコレ!」って盛り上がっていました。アメ横にて。

鶏肉。

いつかはライカ、いつかが今に。 古い道具なので、メンテナンスに信頼のおけるところで買いたいと浅草・早田カメラ店さんで購入。 シリアル92万、一回巻き上げ・スプリング式ってやつです。ファインダーの見え方・機関ともに上々。シリアル104万と比べさせて…

トリプレットエルマーの映りはこんなの

全て解放で。解放f/4なこともあってスッキリした線。明るめの露出で撮るのが似合うかね。 うちの猫さんを撮るとこんな感じ。 以前撮ったズミタールやヘリアークラシックはこうでした。 でもf値が違うから比較にならないか。

海が見えますか そこから

海のそばでの暮らし、自分にとっては非日常。遠くまで来たイメージ。 時折こうして心をリセットしよう。 対岸に停泊したフェリーが見える景色は、はじめて。 ―高松行 でした。

天候、くもり。

歩いて回るはなんだか物悲しい。

ゆっ栗していってね!

くりばやし―じゃなくって栗林(りつりん)公園。 なんなんでしょう、大名ってヤツは。今でいうハコモノ行政ってヤツでしょうか。いや、バリバリ自分のために作っているから違うか。しかしこうやって残しておいてくださったこと、感謝です。 ↑これトイレ。トイ…

うどんも食べるよ

一軒だけ、讃岐うどん。 寄ったのは「上原屋本店」 ピーク時には大変混むそうですが11時台に入ったのでゆっくり楽しめました。 好きな揚げ物を選んで、うどんをもらって、 これいいですね! 自分で温めて出汁を注ぐ。湯切りしてると"参加した感"があって楽し…

牛乳を飲むよ

遠出をしたときは、スーパーによってどんなものを売っているのか眺めたあとに牛乳を買って飲むのを楽しみにしています。今回は栗林公園近くのハローズ。四国では生鮮食品は高知産、加工食品は愛媛産が大きな市場のようですね。(と感じたんだけど、合ってる??…

高松駅

なんとなく、西武球場前駅みたいだなって思って。

旅路は続く

anotherdimension.hatenablog.com がいかん。

最後に風景ず

ねこ + おいしい魚 = いい一日 また晴れた暖かい日に来たいです。 これで男木島フォトはおしまい。 高松散策はもうちょっと続きます。

こんな散策もしたよ

男木島観光スポットのひとつ、灯台。 は、とりあえず今回は語らず。 灯台へのルートは分岐があり、展望台やジイの穴(桃太郎伝説の鬼が逃げ込んだそうです)があるとのこと。 マップを見るとそちらからでも町に戻れそうだったので雨除けにこちらを通ってみるこ…

神井戸(しんど)

~神井戸(しんど)にまつわるお話~ 港の近くには、神井戸(しんど)と呼ばれる井戸があります。豊玉姫伝説の山幸彦と豊玉姫が、この井戸で出会い、豊玉姫神社で結婚したといわれています。この伝説が残る神井戸を訪れることで、素敵な出会いがあるかも知れ…

ご自由にお休みください

って、そこのことじゃないと思うよ? 1mまで近づいてもどこ吹く風。自由だ... ビストロ伊織のテラスには3匹の猫がよく寛いでいます。おとなりの民宿さくらに遊びに来ることも。(3匹揃いの写真撮っておけばよかったな)

上へ下へと

ぶれぶれ ぼけぼけ あっち行ったりこっち行ったり また海岸沿いにやってきました。 このあたりかな

二人は仲良し

豊玉姫神社の猫わらわらスポットから少しはみ出て。 親子? 兄弟? 友達?

坂の上の猫 [男木島ver.]

教えてもらったように坂を上ってみます。途中分岐で迷ったりもしたけれど目的地―豊玉姫神社の石段手前にて... いらっしゃいませ わらわらと「あんちゃんなんかいいもんもってきたかー」と登場。 ちなみに何もあげないまましばらくすると解散していきました...…

ゆっくり 確かな足取りで

散策中に。「何か面白いものでもあったかい?」 「猫好きなんです。たくさんいて楽しいですねー。」 「そうかい、この上にもたくさんおるでな。いってみたかい?」

猫の住処

おそらく遊暮れの猫たちは海岸そばの、この家に住んでいるのではないかと思います。 anotherdimension.hatenablog.com 何十匹かいるらしいのだがどうやって飼っているのや...

遊暮れ

夜の海岸に出てきた猫たち、遊ぶ。 写真に映せない分は記憶のなかに。

民宿に泊まろう!

猫が活発なのは夕暮れから9時くらい。だから、せっかく猫の島を楽しむのなら一泊するのが良いのですよ。今回お世話になったのは民宿さくらさん。 漁師さんの傍ら宿の提供もしてくださっているので、おいしい魚がたくさん! 朝ごはん ばんごはん。 ゆっくり猫…

めおんとにゃおん

奥の赤い船が、"めおん" 高松港から、女木島を経由して男木島まで連絡するフェリーです。 名前はきっと女木島の"め"と男木島の"お"からきているのでしょう。手前の猫が"にゃおん" 勝手に命名です。 鳴き声からきているのでしょう。 港をうろうろ、見えないほ…

めおんとにゃおん

夜に浮かぶ不思議なシルエットは船着き場。守衛さんがいたよ。「ようこそ男木島へ」

9月は島の猫

瀬戸内の島々。普段の生活のなかにない時間の流れ方、雰囲気。 先日、香川県の高松地方にある男木島へ行ってきました。 90mmレンズで最短距離&マウントアダプターのヘリコイドMAX繰り出しまで近づいてもこの余裕。すごく馴れてる。

関屋はカレー日和(忘れもの)

これもフルバリだった。マトンジャルフレージ、砕いたパパドをのせたのは このお店で初めて出会った。

関屋はカレー日和

日替わりランチ。この日はナンだったかな... いや、ナンなのは見てわかるけどナンだったかな... このところ ライスもやっぱりおいしいねって再認識中。 ナバブケバブカレー。2本のケバブとカレーとライスを鉄板焼き、あつあつ。 phulbari.jp

日々休日、日々平日

休日

月島周辺

今日だけの色採撮

いろとりどり。 なんとなく、調布の花火は色彩豊かな気がしました。一輪の菊を上下別々の色で描いたり。あとから見返すと2枚目なんかはデイジーのようでもあります。 ラジヲを調布FMに合わせて。解説を聞きながら見上げる花火は楽しいです。

すぐそばで

75mmレンズだけ持っていったら収まりきらないし!

はじまりの前

千代田線直通小田急で、調布ってこんなに近かったんだな。降りたのは登戸ですが。 広い多摩川沿いを歩くうちに日が暮れてく。もうすぐはじまり。

その気じゃないときに会うものだ

気分は8月の最終週くらいなのに実際は今週で9月も折り返し。不思議なものです。去る8月、連休最終日に調布の花火を見に。道すがら思いがけなく会った野良猫。 近くまで行っても全然気にしてなかったのにゆっくりこちらを振り返った後、「えっ」って顔で急に…

かっぽ

猫のパーツで"一番"は、前足だよ。

世は移ろう

簾に映る影が綺麗だなって撮ってみただけ。 もう見られなくなってしまうこと、このときは知らなかった。www.nikkei.com

夏は過ぎたのかもしれない

この顔... ストーブの前で暖かさに"のびー"となってくるときの顔だ。

八百屋の看板猫さんは開店休業中です

少し前の話ですが。ここ10日間くらいは涼しい日が多いから営業中かも?

夏は猫に会えない

覗き見の君

夏は猫に会えない

彼らにとってのアスファルトとはどんなものなのだろう。

夏は猫に会えない

涼しい日こそそっとしておくよ。

夏は猫に会えない

退屈である。

夏は猫に会えない

そこからならば、許そうか。

夏は猫に会えない

two dollars (2だらー)

夏は猫に会えない

やっと落ち着いたであろうその場所を追い立てるなんてとても!

夏は猫に会えない

たとえ会ってもかまってはいけないのである。

夏は猫に会えない

ですから写真の中で

よく晴れた

今日から半袖解禁でいきます。

隅田川花火は花火を楽しむものではありません。花火大会を楽しむのです。

5月連休のような人の多さは嫌い。花火のような人の多さは好き。 「穴場スポット」ってヤツは隅田川花火大会にはないので、あえて人垣の中に飛び込むのもいいもの。

今年の夏 (つづき)

今年の撮影テーマは、「切り取る」 HELIAR classic 75mm をAPS-Cにつけて112.5mmの焦点距離で花火の間近から。 (ちょろっとNOKTON classic 35mmも。)